1. HOME
  2. インフォメーション
  3. 福島県立ふたば未来学園高等学校への図書寄贈

インフォメーション

福島県立ふたば未来学園高等学校への図書寄贈

当社は昨年の創立60周年を機に、福島県立ふたば未来学園高等学校へ図書の寄贈を行っています。

2017年4月17日、同校へお伺いし寄贈式を執り行わせていただきました。

寄贈式には、当社を代表し執行役員管理本部副本部長が出席し、学校からは校長先生や図書委員の生徒さんが出席してくださいました。
昨年お会いした生徒さんと今年もお会いすることができたのですが、昨年より、成長されている姿を見て嬉しく思いました。

福島県立ふたば未来学園高等学校_図書の寄贈

震災前双葉郡に5校あった県立高校(双葉高校、浪江高校、浪江高校津島校、富岡高校、双葉翔陽高校)は、震災後、県内外各地に設けたサテライト校で授業を続けられていましたが、元の校舎での授業再開のめどが立たず平成27年度からの募集を停止され、郡内で開校している高校が存在しない状況が4年間続きました。
そのような中で、この福島県立ふたば未来学園高等学校が平成27年4月、広野町に開校されました。

同校は、図書が不足しておられました。
少しずつ増えてきてはいるものの、今でも通常の高校の半分にも満たない程度とのことです。

寄贈させていただく図書は、生徒さんからのリクエストや先生方の推薦から選んでいただいています。
当社はこの取組みを10年に渡り継続し、少しでも生徒さんたちの「読みたい」「学びたい」のお手伝いをさせていただければと思っています。
本をたくさん読むことで、夢を持って成長されることを願っています。

福島県立ふたば未来学園高等学校_図書の寄贈②

校内をご案内いただいている間、とてもたくさんの生徒さんに出会ったのですが、全員が明るく気持ちよく挨拶をしてくださいました。
当たり前のことを当たり前にできる素晴らしさに感動し、清々しい気持ちにさせてもらった学校訪問に感謝いたします。

詳しくは、こちらをご覧ください。

一覧へ戻る