1. HOME
  2. サービス技術コンクール

第32回全国トヨペット サービス技術コンクール<優勝>

トヨペット店全国大会 サービス技術競技

第32回 全国トヨペット サービス技術コンクール <大会結果レポート>

「磨いた技術に真心(こころ)をこめて」をスローガンに、さらなる技術の向上を目指して昭和41年よりサービスエンジニアの育成のひとつとして開催されている「サービス技術コンクール」。

2016年4月某日、整備技術の総本山「トヨタ自動車 多治見サービスセンター(岐阜県多治見市)」に、各地区大会を勝ち上がってきた16チーム32名(2名/チーム)の精鋭が集いました。
目指すは全国制覇。

京都トヨペットの代表者は、吉田 耕平と汐澤 詠史の2名。

今回実施されたサービス技術競技では、お客様へのご用命の確認と問診、最適なメンテナンスメニューのご提案、安全で正確かつ効率的な点検・故障診断・修理作業、点検結果のご説明などを競います。

以前からコンクールの出場を目標にしていた当社の選手達。競技への出場が決まってからは、2人のチームワークを向上させながら、トレーニングを積んできました。
競技中は想定外の課題に戸惑う場面がありながらも、互いを信じ、積み上げてきた技術・技能を発揮。

正確な作業を迅速に行い、並みいる強豪を抑え、見事、優勝!
当社の高い技術力が証明されました。

サービス技術コンクールを通して得られた知識やより高い技術力は、お客様の安心につながります。
選手を支え続けたトレーナーの立場に今後は自らが立ち、後輩達の指導にあたる中で京都トヨペットのサービスレベルの向上に努めてまいります。

“磨いた技術に真心(こころ)をこめて”提供する京都トヨペットのサービスにご期待ください。

  • サービス技術コンクール TOYOTA
  • 吉田・汐澤 優勝インタビュー